クローゼット 7日目 壁紙終了

壁紙の色が少し違ったため、改めて別の店で買い直したものがやっと届きました。

はるばるペンシルベニア州からやってきたので、かなり時間がかかりました。

箱にすら入っていませんが、幸い色は大丈夫。

 

前回と同じく、ドライヤーを駆使しながら格闘すること数時間。。。

なんとか完成。

 

あら?何か下に紙がある。

見てみると、

 

"IT HELPS TO HAVE TWO PEOPLE"

"leve, draw a straight line down"

 

That makes sense... (なるほどぉ) 

 

これ最初に知ってたらなぁ。

貼る前にyoutubeでやり方をざっと見たんですが、

みんな一人で端からどんどん貼ってたんですよね。

 

私も一人でやったんですが、二人でやれば良かった。

しかも最初にLaser levelできっちり垂直を測れば良かった。

とにかく隣の紙に合わせて隙間なく貼ることが、本当に難しかったんです。

最初のパッケージにこれが入っていれば。。。悔やまれます。

 

壁紙よりペイントの方がどれだけ簡単か!

そりゃ、カナダの家で壁紙が使われないわけです。

実家は全て壁紙でした。

また違うタイプのものだとは思うのですが、日本の職人さんって本当にすごいです。

 

peel&stick wallpaper、これは地下室でリベンジするかもしれません。

二人での作業の場合、どんな違いが出るのかいつか試したいと思います。

 

 

 

 

 

 

Putting up a Christmas Tree! ツリーを出そう!

英語では、クリスマスツリーを出すことを

put up a Christmas Tree と言います。

decorate も、もちろん使えますが、

こちらはオーナメントなどで飾る、という意味が強いかと思います。

Have you put up your Christmas Tree yet?

もうクリスマスツリー出した?

みたいな感じで使います。

 

クリスマスツリーっていつ頃出すのが正解なんでしょうか。

私はいつも11月半ばには出すのですが、夫には毎年早いと言われます。

 

我が家のツリーはこちら

 

ツリーを出して、飾るのって意外と大変ですよね。

枝?をひとつひとつ開いて、オーナメントつけて。

これはもともとライトが付いているタイプなので、それでも楽な方なのですが、

なんだかんだ毎年小一時間かかってしまいます。

 

youtubeでクリスマスソングを流しながら、はい完成です。

 

一気にfestiveな感じになりました。

 

そしてツリースカートはこれにしようか、まだ考え中なので、タグついたままです。

 

というのも、このスカート$50もするんです。

毎年買い換えるものではないにしても、高い!

ビーズの刺繍なんかは気に入っているのですが、

なんとなく、端が寂しいような。。。

でもやっぱり$50もするのに、妥協したくない気持ちが捨てきれず。

あと一週間悩んで、他に見つからなければタグを切ろうと思います。

 

 

 

 

気分はもうクリスマス

カナダもすっかりクリスマスムードです。

 

10月の最終週には、お店からハロウィンのものはほとんどなくなり、

クリスマスの品が並びます。

こちらはMarshallsというお店。

衣料品や調理器具、おもちゃやインテリアなど、

いろいろなものを少し安く売っているお店です。

クリスマスのかわいい飾りがいっぱいです。

 

 

先日壁紙張りのためのsmootherを買いに

Canadian Tireへ行きました。

こちらはカナダのカインズホーム的なお店です。

 

ツリーや空気で膨らむ飾り

 

たくさんのオーナメント、

クリスマス用品にかなりのスペースがさかれていました。

このオーナメントたちがなかなかユニークでして、

パックマンのゲーム機だったり、アボカドだったり、何かの丼ものだったりと、

見ているだけで楽しい。

 

そしてクリスマス気分のまま、costcoでこちらを購入。

アドベントカレンダー

12月1日からクリスマスまで、毎日ひとつづつ開けていきます。

チョコレートのものが一般的ですが、

ハロウィン後でうちには1年間分くらいのキャンディーのストックがあるので

今年はパズルバージョンにしました。

セールで、確か$15程でした。

 

でも、24個も出来上がったパズルをどうするのか、今から考え中です。。。