クローゼット 6日目 壁紙の続きのはずが。。。

5日目の作業で壁紙が足りないことが発覚し、

(何をどう間違ったら、半分も足りない計算になるのか。。。)

急いで、オーダー。

 

店舗には置いていないものなので、発送に。

日本と違って、頼んで翌日に届くなんてことはありません。

それでも早い方で、3日くらいで届きました。

 

早速開けてみると。。。

 

カナダ生活もそこそこ長いと、もうこの時点で嫌な予感がします。

なぜなら、パッケージが違うから。

 

パッケージが違うということは、同じbatchじゃない。

つまり生産時期が違う。マイナーチェンジしてる可能性ありなんです。

 

残念ながら、私の勘は当たってしまいました。

色が違う。。。

写真では分かりにくいと思うのですが、左の新しく届いた方が明るいんです。

 

夫には同じ色に見えるそうなので、

そのまま貼ってしまおうかとも思ったのですが、やっぱり気になる。

 

わずかな望みをかけて、別のお店で二つオーダー。

これで最初のものと同じものが来なければ、諦めるしかないです。

fingers crossed...

 

 

 

 

 

クローゼット 5日目 壁紙を貼る

本日の作業は壁紙張りです。

 

使うのはこちら↓

 

Peel&Stick、剥がせる壁紙です。

家具のリメイクなどにも使えるし、剥がせるので

wallpaperで検索すると、まず出てくるのはこちらのタイプ。

 

まずはyoutubeでお勉強。

剥がして、貼って、余分なところを切る。

とっても簡単そうです!

 

 

剥がして、貼って、やってみます。

カナダの家で真っ直ぐなところはほぼ皆無なので

端や、上の部分を多少overlapして貼ります。

 

そして専用のsmootherを押し当てて、空気を抜いていきます。

 

壁自体が真っ直ぐでないので、かなり押し付けなければならず、

摩擦でテカリが少し出てきたので、この後smootherに布を巻いて、作業しました。

 

漢字の「人」のようなイメージで、

真ん中から両サイドへ空気を抜いていくのが良いような気がしました。

 

 

気をつけていてもたまにできてしまうシワ。

 

こんな時は、

ドライヤーで少し温めて、貼り直します。

 

完全ではないですが、だいぶ目立たなくなります。

 

次に、余分な部分をカッターで切りとります。

思ったよりも、思い切り切れ目を入れないと、綺麗に剥がれませんでした。

 

一列目が終わったら、同じ作業をまた繰り返します。

二列目は一列目に沿って、隙間なく貼るのがとっても難しかったです。

何度も貼っては、剥がし、貼っては、剥がし。。。

 

どうしてもシワができる、空気が入りすぎる時はまたドライヤーの出番です。

少し温めることで、伸びが良くなり、貼りやすくなりました。

また、一度にpeel、剥がす部分はなるべく少ない方が

シワもできにくく、貼りやすいことも分かりました。

 

そして、なんとか二列目まで終了。

 

 

そしてここで気付く。。。

足りないじゃん。。。

 

本日の作業はここで強制終了となりました。

 

 

 

本日の学び

  • smootherには布を巻く
  • 空気を抜くには漢字の「人」
  • シワにはドライヤー
  • 切り取るときは思い切り
  • 剥がすのは少しづつ
  • materialがどれだけ必要か、きちんと計算しましょう😓

 

 

 

 

 

Design Board  デザインを考える

リノベーションの前には、いつもデザインボードを作っています。

 

デザインボードとはこんなもの

どんなインテリアにするか、家具や小物、壁の色など、

写真を並べて全体のバランスをみるものです。

リノベーションだけでなく、模様替えの時にも役立ちます。

 

パソコン上で保存しておけば、budgetやavailabilityによって、

その都度差し替えできるのでとっても便利です。

 

今回は特にいらないかとも思ったのですが、壁紙選びのためにやっぱり作りました。

色々面白い柄がありましたが、左の柄に決定。

今回のmustは木の枝のようなIKEAのフックなので、

ちょっとデザインが似ているherringboneでいくことにしました。

 

次回は壁紙を貼っていきます。